不動産鑑定という仕事 - 不動産鑑定士の仕事とは

不動産鑑定士の仕事とは

不動産鑑定評価とは、売買される不動産の適切な価格に関する、不動産鑑定士による判断・意見です。 物件の価値は判断がとても難しい概念ですが、鑑定士は「客観的に見た価値」と追及し、「正確な価値」を専門的に鑑定します。 評価されたものは鑑定評価書というものになります。不動産鑑定評価は以下の時に有効です。 まずよく知られている不動産を売買・交換するときです。法人、役員との売買や交換は「時価」でなければいけません。 税務上否認されることとなりますので、不動産鑑定評価が有効です。相続などで適正価格が必要なときも有効です。 遺産分割にあたり不動産適正価格を明確にすることができ、相続財産評価の指標の路線価と時価を見直すことができます。

また不動産を賃貸借する場合も、アパート、マンションや貸しビル等の家賃、地代等の適正価格を把握するため評価を要します。 不動産を担保にするときや、不動産の有効活用方法の提案、権利関係の調整などの相談にも乗ってくれます。 不動産会計士との接点は一般では無いことだと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、 不動産売買を税理士や不動産業者に依頼し、業者の良いような価格にされるというケースもあるようです。

不動産鑑定評価は不動産鑑定士の独占業務です。思い入れのある土地、長年住み、住み慣れた愛着のある不動産を売却するときなど、 適正な評価をしてもらえるよう鑑定士に依頼することが望ましいと言えるでしょう。